海釣り初心者が最初に買うものは⁇

こんにちは!よてぃです。
最近私がはまっている趣味があります。

釣りです!海釣り!!

もともとは近場でバス釣りをやっていたのですが、2021年になって本格的に海釣りを始めました!
海釣りを始めた理由は、おいしい魚を食べたいから!(笑)

コロナ禍で釣りを始める人が増えているようですが、今から釣りをやってみようと考えているかたに
この記事が少しでも参考になればと思います!

初心者とは言っても

 初心者と言っても、明確にここまでが初心者といった区切りがあるわけではありません。
 そこでこの記事では、初心者初期、初心者中期、初心者終期の3つに分けたいと思います。

初心者初期・・・これから釣りを始める人、1,2回釣りをしたことがある人。

初心者中期・・・自分の竿、リールを揃えようと思っている人。

初心者終期・・・釣りに必要な道具を一通り揃えようと思っている人。

それぞれの区分で私があったらいいなと思うものを紹介していきます。

初心者初期に必要なもの

 初心者初期は特别道具を揃える必要はないと思っています。
 まずは誰かに借りてください(笑)
 必要なものがあるとするなら釣りを楽しむという気持ちです(笑)

 初心者初期の方は、釣りベテランの方と一緒に釣りを始めるのが良いと思います。
竿やリールは数セットお持ちだと思いますし、釣る魚や釣り場所についての知識も豊富なはずです。
いろいろ教えてくれると思います。
 実際、私もたまたま釣り場で知り合ったおじさんからいろいろ教えていただき、釣りについての知識を深めています!

 知り合いに釣り経験者がいない場合は、レンタル道具が揃っている海釣り公園や海上釣り堀に行くといいでしょう。
 海上釣り堀は真鯛などの美味しくそこそこ大きな魚を釣ることができますが
その反面、入場料金が5,000円程度に設定されていることが多いので 
まずは手軽に釣りができる海釣り公園をおすすめします!
 海釣り公園も海上釣り堀も分からないことはスタッフの方が教えてくれるので
安心ですよ!

初心者中期に必要なもの

 初心者中期に達した方は、1回以上釣りをしてまた釣りに行きたい!と思った方だと思います。
そうなると、自分の竿やリールで魚を釣りたくなりますよね!
ただそこで問題になってくるのが、どんな竿やリールを買ったらいいのかということです。
実際に釣り具屋さんに行ってみると分かるのですが、様々な竿やリールがピンからキリまで並んでいます。自分で選ぼうと思っても商品が多すぎてどれを選んでいいか分かりません。
そんなとき・・・
 一番手っ取り早いのは店員さんに聞く!!
しかもできれば
 お客さんに元気にあいさつしてる店員さん!!
なぜ元気にあいさつしている店員さんかというと、私の経験上そういう店員さんは
説明が分かりやすいです!そして丁寧な方が多いです!

おすすめ

 店員さんが複数の竿を紹介してくれた場合や、店員さんに聞けない(ネットショッピング等)で購入される場合は、シーバスロッドをお勧めします!

シーバスロッドのML(ミディアムライト)がいいと思います!


私も最初の1本はシーバスロッドのMLを買いました。金額はリールとセットになっていて1万円以内でした。竿やリールだけでも1万円程度するものも多くあるので、竿とリールしかも糸巻きしてあるもので1万円以下は安価なほうだと思います。
 このセットでルアー釣りから餌釣りまで行っています。
サビキ釣りや餌でのキス釣り、エギング、チヌ、60センチくらいのシーバスを釣りましたが、特に不満はありません!

 短めの竿がいい場合はアジングロッドでもいいと思います。
竿が短いとルアー等使う際に飛距離は出ませんが、とても扱いやすくお勧めです!!




初心者終期に必要なもの

 自分の竿やリールを揃えたらもう初心者も卒業間近だと思います。
 ご自身の竿やリールを持っている方は魚を釣るための道具(ルアーや仕掛け)は一通りお持ちだと思います。
 なので竿、リールのような魚を釣る道具以外で、あったらあったらいいなと思うものを優先順位順に紹介します。

①タモ

②ペンチ(はさみ)

③水汲みバケツ

④クーラーボックス

⑤フィッシュグリップ

タモ

タモは必ず持っておいたほうがいいです。せっかく魚がかかってもピックアップ出来ないともったいないです。水面まで高さがある場所での釣りや、大きな魚がかかった時には必需品です。


ペンチ

 ペンチですが、魚が釣れた際に針を飲み込まれた際の針外しとしてや、ハサミ替わりとして重宝します。ある程度長さのあるペンチがいいと思います。
魚を締めるときにも使えます!スムーズに釣りを行うために必要です!


水汲みバケツ

 水汲みバケツはどんな時に必要かというと、手を洗うときはもちろん魚を洗う時にも使用します。
普通のバケツではなく、ひも付きのビニール製のものです!
 魚の血抜きをする際にも使えますよ!血抜きをすることによって、血生臭さが抑えられ、より美味しくいただくことができます!


クーラーボックス

 釣った魚を持ち帰る際に重要なのが鮮度です。レジャー用のクーラーボックスでも可能ですが
できれば魚釣り用のクーラーボックスが良いです!

氷の持ちやクーラーボックス内の温度が全然違います!!

特にエギング等でイカを釣る方はクーラーボックスにこだわってほしいところです。
クーラーボックスはメーカーをはじめ、大きさはスペック等様々なものがありますので
ここでは私が使っているクーラーボックスを紹介します!
詳しい内容な別記事で書きたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ (Daiwa) ライトトランクα GU 2400 ブルー
価格:14300円(税込、送料別) (2021/8/6時点)


これが私が使っているものよりひとつ小さいものになりますが、最初の1つとしてはこの大きさでよいと思います!
3ℓの氷を朝入れても翌日の昼まで氷が溶けていませんでした!さずが釣り用のクーラーボックスです!

フィッシュグリップ

フィッシュグリップは魚を掴んで運んだり、持ち上げたりする際に必要です。
魚の中には歯がある魚もいて、口も持って持ち上げると手の皮がぼろぼろになります。


写真のようなものがフィッシュグリップです。
このようなかっこいいものを買える方はいいですが、ちょっと高いかなとも思います。
私は100均ダイソーにある500円のフィッシュグリップを使用しています!
特に問題なく使えていますので、とにかく安いものでいいというかたにはおすすめです!!
 釣り上げた魚と写真を撮る際にも、重宝しますのであると便利ですよ!

まとめ

 初心者の方向けに必要なものを紹介しました。
 実際、私も初心者終期からやっと中級者になれたかなというところで
持っていてよかったものを振り返ってみました!
 もっと細かく見ていけば、釣る魚や場所で必要なものは変わってきますが
この記事で紹介したものを、標準装備として持っておけばオッケーだと思います!
 
 海釣り終わりは道具を水洗いすることをお忘れなく!道具が長持ちしますよ!

 この記事が初心者のかたの参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました